22 3月古いプリンタは大変…

ガラケーがスマホになったように、近頃プリンタを使い始めたという人はもうご存知ないかもしれませんが、つい10年ほど前まではカラー印刷をするときのカラーインクカートリッジはすべて一つだったのです。赤青黄色…今はそれぞれ個別になっていますよね?でも昔は、すべて一つ、つまり、黒の小さいインクカートリッジとカラーの大きなインクカートリッジだけだったのです。

現在でも、このプリンタを使っている自分。不便としかいいようがない。特に年賀状印刷のときなんかは大変です。インクカートリッジを買ってきていざ印刷をするのですが、年賀状に多い赤や黒があっという間になくなり、他の色はまだ十分あるのに一度きりで捨てることになってしまいます。インクって高いじゃないですか。だから、年賀状を刷り終わったときは泣きそうになります。

悔しくて新しいインクを買わずに使っているのですが、地図を印刷したりするときは変な色になるし、色が足りていない状態で写真を印刷をするわけにはいかないのでプリンタの意味を成していないしで大きなお荷物になっている感が否めません。

今年こそボーナスが入ったら買い換えようと思っているのですが、壊れずに働いてくれているので捨てるのがかわいそうだと思っている自分もいて複雑です。

Comments are closed.