04 2月純正カートリッジと非純正カードリッジ

プリンターの製造メーカーの戦略とは思いますが、プリンター本体は安いのですが、純正のインクカートリッジを使うとランニングコストが大きくかかってしまいます。それでどうしても非純正のインクカートリッジを使用したくなってしまうのはある意味当然の帰結といえるでしょう。

たくさんの非純正カートリッジが発売されていますが、どれを選べばいいのか迷うことも少なくありません。非純正インクカートリッジとは言ってもその中にも価格的にはかなり上下があります。

色々な値段帯の非純正インクカートリッジを使ってみましたが、私が思うのには純正カートリッジと比べると質的に劣るものが多いように感じます。非純正インクカートリッジはトラブルが出ることが多いのです。トラブルのほとんどが目詰まりです。毎日のようにプリンターを使用していればほとんど目詰まりをすることもないのですが、プリンターの使用を少し空けてしまうと目詰まりしてしまいます。もちろん、長く空けていると純正カートリッジでも目詰まりを起こすこともないこともありませんが、やはり非純正インクカートリッジの方が目詰まりを起こすことが多いと感じます。目詰まりを起こすを使いたいときに少し時間が必要になってしまいますので、利便性に劣ってしまうことになります。

Comments are closed.